羽子板・破魔弓・雛人形・五月人形・兜・鎧・鯉のぼり・花火・日本人形・外国みやげなど

(社)日本人形協会加盟店
人形専門店 八千代人形
aaa 府中店(本店) aaa 富士吉田店(支店)
メニュー TOP
お正月
ひな祭り
端午の節句
花火
その他商品
店舗情報
 




-フラメンコ- レンタルスタジオ エルカミーノ・デ・八千代
お正月
破魔弓 飾り 男の子のお守り 家族の絆を深める日本の伝統。
破魔弓のこだわり製作方法 このほかにもいろいろ伝統的技法を使用しています。
【金箔押し】   【籐(とう)巻き】   【羽焼き】
金箔押し   籐(とう)巻き   羽焼き
金箔を張って豪華に仕上げます。   弓に籐を手で巻いていきます。   羽の芯を焼いて美しい矢を作ります。
◆破魔弓の矢羽根に使用されている主な天然羽根の種類
一番上へ戻る ▲
破魔弓の由来
弓の邪悪をはらい退散させる力のあるものと、占いの用具の意味から平安時代から魔よけの意味の破魔弓神事や年占い神事が行われていました。弓の射る的の「はま」を「破魔」の字をあて、魔を射る弓矢と解されました。鎌倉時代に男児の初正月の祝いに破魔弓を贈る習慣が生まれ、江戸時代に贈り物として盛んになっていきました。
一番上へ戻る ▲
破魔弓飾りの豆知識
Q1 なぜ正月に破魔弓を飾るの?
    平安時代の朝廷では、皇子が誕生した時の魔除けとして、鳴弦の儀式を行いました。民間では男子の初正月に弓を入れる用具と弓矢を組み合わせた破魔弓を飾って祝ったといわれています。年のはじめに赤ちゃんが一年間病気をしないで育つように願いを込めた日本の美しい習慣です。
Q2 誰が買うの?
    一般的には赤ちゃんの祖父母や親戚・お仲人さんが贈ります。破魔弓はその子のお守りですから、次男・三男がお生まれになっても一人一人に贈らなくてはいけません。
Q3 破魔弓ははいつからいつまで飾るの?
    11月中旬から小正月(1月15日)頃まで飾るのが一般的です。
Q4 しまい方は?
    晴れた乾燥した日にしまってください。湿気の少ない場所が適しています。
一番上へ戻る ▲
商品一覧
秀翠 10号
間口33×33×56
竹造り本籐巻弓
竹製ケース面取ガラス
帝 10号
間口29×23×41
久月オリジナル
アクリルケース家紋付
輝 8号
間口21×17×36
大小太刀付
タモ材・面取ケース
徳 8号
間口26×19×32
本籐巻・天然羽根
黒塗・面取ケース
本竹 10号
24×18×46
竹網代籠・竹弓
本竹造りケース
恵峰 10号
28×25×37
久月オリジナル
本桐造りケース
龍虎 15号
32×26×55
天然花紋鳥使用
タモ材天然木ケース
凛 13号
33×28×56
山本寛斎デザイン
木製面取ケース
曙 18号
29×22×65
久月オリジナル
家紋が入ります
新箙 13号
28×28×54
竹製網代籠・木目塗矢尻
黒塗・面取ケース
飛翔13号
28×28×56
竹網代籠・竹弓
竹造り面取ケース
八宝寿20号
37×32×70
本籐巻竹弓・天然矢
本桐造り面取ケース
百矢台20号
37×32×70
伝統工芸まだら塗籠台
本桐造り面取ケース
剛17号
33×26×57
文部大臣賞受賞
黒塗り面取ケース
健武8号
21×17×35
パノラマケース
シルバー塗
白眉20号
36×28×68
本籐巻・木製弓・天然羽根
桐造りケース・面取ガラス
お問い合わせはこちら
商品の一部をご紹介しております。
当店ではミニコンパクトサイズ(間口16p高さ28p)の商品から銘木本黒檀や総桐造りによる最高級品までバラエティー豊かに商品を取りそろえております。ひとくちに 破魔弓といっても製作方法や使用する材料によって価格が違います。
当店ではお客様のお好みや予算に合わせて商品選びのお手伝いをさせて頂いております。
お気軽にお問い合わせください。
◆地方発送も承ります。
店長イラスト
一番上へ戻る ▲
店内写真
▼1F 破魔弓コーナー
一番上へ戻る ▲
お問い合わせ先 : (有)八千代人形 【本店】府中市八幡町1-4-9 TEL:042-361-7976
Copyright (c) 2007-2016 Yachiyo-Ningyo. All Right Reserved.